メンテナンスごはん

【メンテナンスごはん】ビターカラメルのかためプリン カフェで人気のプリンを作ろう

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

2021.7.14

カフェで人気のビターカラメルのかためプリンを作りましょう。
基本の材料は卵、ミルク、砂糖だけ。
カラメルソースを苦めに作り、ミルクにバニラの風味をつけて、卵多めの配合で作れば、しっかり型から抜ける「かためプリン」の出来上がり。
香料もバニラビーンズがあればさらに上等な風味になるし、ないならバニラエッセンスでもいいし、なんならカラメルソースがあるから入れなくてもいいか……くらいの心持ちで大丈夫です。

食材はこちらです。
さあ、作ってみましょう(調理時間:15分+焼き時間30分)。

【材料】(120mlのプリン型5個分)

*プリン生地
全卵2個
卵黄 (好みで)1、または2個
砂糖45g
牛乳300ml
バニラビーンズ(またはバニラエッセンス数滴)3cm分
*カラメルソース
砂糖50g
小さじ2
大さじ1

写真の卵黄は2個ですが、少しあっさりめが好きなら1個にして作ってもいい。その日の気分で多少分量を変えても作れてしまうのも、プリンのいいところ。

下準備
プリン型にバター(分量外)を塗る。
オーブンを160℃に温める。
湯(分量外)をやかんに沸かしておく。

まず、カラメルソースを作る。
小鍋に砂糖と水を入れ、混ぜ合わせる。
火にかけたら混ぜずに軽くゆする程度で砂糖を焦がしていく。
勢いよく煙が出て濃い色に焦げたら、火からおろし、湯を加えてゆする。

カラメル液が熱いうちに型に注ぐ。
型を冷蔵庫に入れて、キャラメルを固める。

ボウルに全卵と卵黄を溶きほぐし、砂糖とさやからしごき出したバニラビーンズを加えてよく混ぜる。

小鍋に牛乳とバニラビーンズのさやを入れ、沸騰寸前まで温める。
泡立て器で混ぜながら、牛乳を卵液に注ぐ。
(バニラエッセンスの場合はここで混ぜる)

牛乳入りの卵液を型に茶こしで漉し入れる。
天板にプリン型を並べ、湯を注ぐ。
または、天板の縁が低かったり、縁なしの場合は、写真のようにプリン型をバットに入れる。
バットに型の7分目くらいまで湯を注ぐ。
湯に型が浸かる面積が多いほど、プリン生地にスが入りにくい。

バットを天板にのせ、オーブンに入れ、30~35分湯せん焼きにする。
竹串を刺して生地がつかなければ、オーブンから出して冷ます。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。

生地に竹串を刺して、型と生地の間に空気を入れる。
器に傾けて型から抜く。
ホイップクリームや季節の果物を添えてもおいしい。
プリン型がない場合は、650~700ml容量の耐熱容器で大きく作ってもいいですよ。

ちょっとひと言

「カラメル」は、水と砂糖を加熱してキャラメル化したもので、抗酸化作用を持ち、一般的に色が濃いほど作用が強いと言われています。
色は濃い褐色で、香ばしい香りと心地い苦みが特徴。
お菓子や飲料の風味付けや天然の着色料として大人気です。
カラメル成分は、ほら、こちらの商品にも配合されています。

福田 里香

ふくだ りか

お菓子&料理研究家

1962年生まれ。武蔵野美術大学卒業。果物の専門店・新宿高野に勤めたのち、独立。漫画への造詣が深く、作品に登場するフード(食べ物)表現を考察した『ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50』(太田出版)は注目を集めた。フルーツを使った独創的なスイーツや料理にも定評があり、雑誌でフードコラムを担当するほか、『新しいサラダ』(KADOKAWA)、『いちじく好きのためのレシピ』(文化出版局)など著書多数。民芸にも詳しく、近著に『民芸お菓子』(エイ出版)がある。
Instagram:@riccafukuda

撮影・青木和義

料理作成、写真と文・福田里香